倫理良書レビュー島薗進教授選(上智大学)


  序言
「倫理」というと堅苦しい掟や規則のように考えられかもしれない。しかし、私は「倫理」はさまざまな形をもった「善い生き方」だと考えている。これは幅が広い。そのような意味での「倫理」をよく示している書物を紹介していきたいと考えている。日々私たちが難しい判断を迫られているような問題を「倫理」の視点からとらえ返すことも重要だ。あまり分厚い書物はできるだけ避けてまずはそれほど長くない読みやすい本を取り上げていきたい。そして現代人の生き方にどのような意味で参考になるか、私なりに解説してみよう。できるだけ柔軟に、倫理という言葉の意味を広くとって本を選びたい。このレビューを読んで、「この本は読んでみたい」と思えるような解説ができれば幸いだ。

  倫理に関する良書の書評
<2014年>
3月 西平 直 著 『無心のダイナミズム−「しなやかさ」の系譜』 岩波書店 2014年刊
2月 ミルトン・メイヤロフ 著 『ケアの本質−生きることの意味』(田村真、向野宣之訳)
   ゆみる出版 2001年刊(原著 1971年)

1月 ジャン=ピエール・デュピュイ 著
   『聖なるものの刻印−科学的合理性はなぜ盲目なのか?』
   以文社 2014年刊(原著 2008年)
<2013年>
12月 オルテガ 著 『大衆の反逆』 中央公論新社 2002年、原著 1930年
11月 堀田善衛 著 『方丈記私記』 ちくま文庫 1988年(初刊、1971年)
10月 キケロー 著 『老年について』(中務哲郎訳) 岩波文庫 2004年刊、原著 前45年頃
 9月 高杉一郎 著 『極光のかげに−シベリア俘虜記』 岩波文庫 1991年刊、初刊 1950年
 8月 イマニュエル・カント 著 『永遠平和のために』 岩波文庫 1985年刊、原著初刊 1795年
 7月 ジャン・パニエ 著 『暴力とゆるし』 女子パウロ会 2005年刊
 6月 九鬼周造 著 『「いき」の構造』 岩波文庫 1979年刊(初刊、1930年)
 5月 マイケル・サンデル 著
   『完全な人間を目指さなくてもよい理由−遺伝子操作とエンハンスメントの倫理』
   ナカニシヤ出版 2010年刊(原著 2007年)

 4月 影浦峡 著 『信頼の条件−原発事故をめぐることば』
   岩波科学ライブラリー(岩波書店) 2013年刊

 3月 枝廣淳子・草郷孝好・平山修一 著
   『GNH(国民総幸福)−みんなでつくる幸せ社会』海象社 2011年刊

 2月 C.P.スノー 著『二つの文化と科学革命』(松井巻之助他訳)みすず書房 2011年刊
   (初刊、1967年、原著第2版、1964年)

 1月 橋本峰雄 著『「うき世」の思想』講談社現代新書 1975年刊
<2012年>
12月 ロベルト・シュペーマン 著『原子力時代の驕り−「後は野となれ山となれ」でメルトダウン』
     知泉書館 2012年刊

11月 池内 了 著『科学の限界』ちくま新書 2012年刊
10月 竹内 好 著『魯迅』講談社文芸文庫 1994年刊 (1944年初刊)
 9月 レイチェル・カーソン 著『沈黙の春−生と死の妙薬』(青樹簗一訳)新潮文庫 1974年刊
 8月 高橋源一郎 著『非常時のことば』朝日新聞出版 2012年刊
 7月 安冨 歩 著『生きるための論語』ちくま新書 2012年刊
 6月 内村鑑三 著『後世への最大遺物』便利堂書店 1897年刊、岩波文庫 1976年刊
 5月 アマルティア・セン 著『グローバリゼーションと人間の安全保障』(加藤幹夫訳)
     日本経団連出版 2009年刊

 4月 中野孝次 著『風の良寛』集英社 2000年刊、文春文庫版 2004年刊
 3月 山脇直司 著『公共哲学からの応答――3.11の衝撃の後で』筑摩書房 2011年刊
 2月 ウルリッヒ・ベック 著『世界リスク社会論』ちくま学芸文庫 2010年刊
 1月 加地伸之 著『儒教とは何か』中央公論社 1990年刊
<2011年>
12月 竹内 洋 著『教養主義の没落――変わりゆくエリート学生文化』中央公論社 2003年刊
11月 宗 左近著『小林一茶』集英社 2000年刊
10月 加藤陽子著『戦争の日本近現代史――東大式レッスン!征韓論から太平洋戦争まで』
    講談社2002年刊

 9月 カール・ヤスパース著(橋本文夫訳)『戦争の罪を問う』平凡社ライブラリー1998年刊
   (原著1946年刊)

 8月 吉田満著(保坂正康編)『「戦艦大和」と戦後』筑摩書房(ちくま学芸文庫)2005年刊
 7月 鬼頭秀一著『自然保護を問いなおす──環境倫理とネットワーク』筑摩書房1996年刊
 6月 竹内整一著『「かなしみ」の哲学』日本放送出版協会2009年刊
 5月 小此木啓吾著『対象喪失──悲しむということ』中公新書1979年刊
 4月 原田正純著『水俣病』岩波新書1972年刊




 

HOME | 財団概要 | 道徳教育 | 生涯学習 | 表現教育 | 国際交流 | 研究助成
© Copyright 2004 公益財団法人 上廣倫理財団 All Right Reserved.