財団法人 上廣倫理財団
 
 
 

第30回 上廣道徳教育賞(後援:文部科学省) 受賞者一覧



◆小学校の部
氏名/代表者名(学校名) 論文タイトル 個人/グループ
最優秀賞  校長 中村 美枝子(佐賀県みやき町立三根東小学校) 主体的に生き方を見つめる『いのちの教育』の創造 〜「道徳授業」と「体験活動・総合的な学習」との有機的な関連指導を通して〜 グループ
優秀賞  橋 良一(岡山県倉敷市立琴浦南小学校) 各学年の実態に合わせた道徳科の授業作り
〜同一内容項目の授業におけるねらいと発問構成に焦点を当てて 〜
 個人
優秀賞  水流 卓哉(愛知県豊橋市立二川小学校) 自他の生命の尊さを実感し、よりよい未来へ思いを馳せる児童の育成
−小学校5年道徳科パッケージ型ユニットを要とした「D-19生命尊重」における学習展開の-考察-
 個人
優秀賞  田村 敏郎(鹿児島県薩摩川内市立水引小学校 ) 子供が考えの広がりや深まりを実感する道徳授業の在り方
〜学びが見える話合いの工夫を通して〜
  個人
優秀賞  寺西 克倫(大阪教育大学附属平野小学校 ) 自分の生活や未来と結び付けて、自己を見つめる道徳科の授業づくり
〜6年「マザー=テレサ」の実践を通して〜
 個人
優秀賞  鶴田 晴紀 (愛知県安城市立二本木小学校 ) 郷土を愛し誇りに思う心情の育成
〜総合的な学習と関連付けた道徳科の授業を通して〜
 グループ
 優秀賞  渡邉 泰治(新潟県新潟市立五十嵐小学校 )  自己の生き方について考えを深める『特別の教科道徳』
〜自作教材授業化シートを使った小学校高学年の楽しい道徳授業づくり〜
 個人
佳作  豊岡 孝江(愛知県安城市立里町小学校 ) 自他の個性を認め、いのちを大切にする児童の育成
〜4年道徳 自己を見つめ、「考え、議論する」授業の実践を通して〜
 個人
佳作  松川 いぶき(愛知県安城市立二本木小学校 ) 自己の生き方について考える児童の育成
〜自己の生き方を一貫して追求する道徳学習を通して〜
 グループ
佳作  播磨 沙予子(福岡県糸島市立福吉小学校) 児童自身で納得解を得るための道徳科授業デザイン
〜環流する対話活動を通して 〜
 個人
佳作   大和田 直子 (茨城県那珂市立芳野小学校)  「道徳的諸価値の知的理解と情的理解を図るための、思考の視覚化の視点を活用した書く活動の工夫」
〜小学校第3学年 対比構造の資料を生かした実践を通して〜
 個人
佳作  渡邉 淳子 (福井県福井市啓蒙小学校)  道徳科の授業を考える
 個人

◆中学校 高等学校の部
氏名/代表者名(学校名) 論文タイトル  個人/グループ
最優秀賞  古味 聡子 (高知県立山田特別支援学校) 知的障害のある児童生徒への「特別の教科 道徳」の取組
〜障害特性に応じた、小・中・高等部と系統性のある取り組みを行うために〜
 グループ
優秀賞  石川 寛(栃木県宇都宮市立泉が丘中学校 ) 教師と生徒が<人間としての生き方>を共に考える道徳授業
〜いじめ関連教材の吟味を中心に〜
 個人
優秀賞   畔元 杏奈(高知県立中村中学校) 問題解決型道徳授業の4ステップを用いた「考え議論する」道徳授業
 個人
優秀賞 小島 啓明 (愛媛県鬼北町立広見中学校 ) 特別支援学級における道徳科の実践
〜自分の考えを深めるために〜
 個人
優秀賞  安藤 篤喜 (静岡県浜松市立都田中学校) 自他の「いのち」が尊重される学校づくり
〜道徳教育を柱としながら、教育課程全体で「いのち」を尊重する教育の推進 〜
グループ
優秀賞  服部 晃峰(愛知県岡崎市立新香山中学校 ) 心をゆさぶり心を育て、自ら動き出そうとする生徒の育成をめざして
〜1年 ローテーション道徳による授業改善、道徳科 自作教材「武道場に響いた歌声」と音楽科の連携を通して〜
 個人
佳作  飯田 浩幸(愛知県名古屋市立千種台中学校) つながりを感じる命の指導
〜考え、話し合う道徳指導〜
 個人
佳作  校長 一ノ宮 賢了 (滋賀県米原市立米原中学校)  コロナ禍における道徳教育推進の一実践
 個人
佳作 校長 三宅 康文 (奈良県王寺町立王子南中学校 ) 中学生の心に響く道徳の時間の指導の工夫
〜道徳授業に有効な教材とその活用 現行の中学校教科書分析を手掛かりに〜
 個人

◆研究論文の部
該当なし


 

HOME | 財団概要 | 道徳教育 | 社会文化 | 表現教育 | 国際交流 | 研究助成
© Copyright 2004 公益財団法人 上廣倫理財団 All Rights Reserved.