上廣道徳教育賞
道徳教育シンポジウム
テーマ研究会
道徳教育活動助成

第26回 上廣道徳教育賞(後援:文部科学省) 受賞者一覧


◆小学校の部
氏名(学校名) 論文タイトル
最優秀賞   田村 敏郎(鹿児島県薩摩川内市立水引小学校) 道徳的価値を理解し、自己を見つめる道徳の時間の在り方
〜「考え・議論する」道徳の時間の授業づくりを通して〜
優 秀 賞   庄子 寛之(東京都世田谷区立池之上小学校)  問いを自分事として考え、自己を見つめ直す道徳授業
優 秀 賞   校長 福田 衣都子(熊本市立銭塘小学校) 豊かな心で、自信をもって生き生きと活動する子供の育成〜特別活動と道徳科の響き合いを目指した銭塘メソッドによる道徳教育の推進〜
優 秀 賞   渡邉 泰治(新潟市立早通南小学校) 『“魅力的な人”に学ぶ、“喜び”と“夢”のある道徳授業』
〜15年間の授業実践を生かした、5・6年生における2年間の取組〜
優 秀 賞   槽谷 政人(愛知県安城市立安城東部小学校) 世界の人々との連帯・協調の精神を育む道徳
〜6年「考えよう!世界のこと」と関連付けた道徳学習〜
優 秀 賞  中津留 千華(福岡県久留米市立大橋小学校) 自己の生き方を深める子どもを育てる道徳学習指導
〜子ども自身が多面的・多角的に考える発問の工夫を通して〜
優 秀 賞  亀井 伸(山形県酒田市立西荒瀬小学校) 心を温め合う道徳の授業づくり
〜2年 役割演技の活用、体験活動との関連を通して〜
佳  作   大丸 廣幸(熊本県荒尾市立中央小学校) 心豊かによりよく生きていこうと学び合う児童の育成
〜考え、議論し合う道徳の授業をめざして〜
佳  作   佐野 恵広(愛知県岡崎市立根石小学校) ふるさとに愛情と誇りをもち、意欲的に創造する子供の育成
〜ふるさと創生活動を通して〜
佳  作   森 潤一(愛知県西尾市立福地南部小学校) いじめ防止!友だちとより良く関わる子の育成
-小3 問題解決的な道徳授業の展開を通して 2年次-
佳  作   石堂 裕(兵庫県たつの市立新宮小学校) 主体的に考え、議論する問題解決的な道徳の授業づくりとその展開
佳  作   尾場瀬 優一(鹿児島市立瀬々串小学校) 子どもにとって新たな学びのある道徳学習の創造
〜自分事として考える道徳科の授業を通して〜


◆中学校 高等学校の部
氏名(学校名) 論文タイトル
最優秀賞   片山 健治(岡山県井原市立木之子中学校) 考え、議論する問題解決型道徳授業による学校課題の改善
優 秀 賞   岩田 玲子(愛知県安城市立安城西中学校 互いに高め合える人間関係を育む生徒の育成
〜2年道徳科における問題解決的な学習を通して〜
優 秀 賞   大 知子(栃木県小山市立小山城南中学校 「特別の教科 道徳」への移行をめざした全校での取組
〜道徳教育推進教師の役割を考えながら〜
優 秀 賞   小嶋 祐伺郎(奈良教育大学附属中学校) これからの学校における道徳性の育成と道徳授業の役割に資する実践的研究〜道徳授業における「深い学び」を追究するカリキュラム開発を通して〜
優 秀 賞   増田 千晴(愛知県江南市立古知野中学校) 他者と共に適切に判断し、行動する生徒の育成
〜互いの考えの異同を整理して、自分の考えに生かす道徳授業を通して〜
優 秀 賞   三國 大輔(富山県氷見市立十三中学校) 自らの生き方を見つめ、よりよく生きようとする生徒の育成
―道徳教育推進体制の工夫と「考え、議論する」道徳の推進―
佳  作   山下 博子(福岡県朝倉市立秋月中学校) 道徳の時間における問題解決的な学習の在り方
〜「考え、議論する」道徳科に向かって〜
佳  作   徳島県阿波市立土成中学校道徳部会 主権者として求められる資質・能力を育む道徳教育の実践研究
佳  作   三ツ橋 佐知子(東京都三鷹市立第四中学校) 豊かな心をはぐくみ、ともに生きる意欲を培う道徳科授業の在り方〜東日本大震災を背景とした教材を活用して〜

◆研究論文の部
氏名(学校名) 論文タイトル
優 秀 賞   加藤 隼一(福岡県八女市立上妻小学校) 道徳的価値を実現しようとする子どもを育てる道徳科学習指導-仮定的に考える活動と俯瞰的に考える活動を通して-
佳  作   校長 小南裕彦(福岡県糟屋郡志免町立志免南小学校) 多面的・多角的に考え、議論する道徳科学習指導
〜発問の構成と学習形態の工夫を中心として〜
佳  作   教頭 貞丸昭則(広島県三次市立八次小学校) 生命のつながりの中で、「いのち」を大切にし、よりよく生きようとする子どもの育成〜子ども達の発達段階に応じた「道徳学習プログラム」の実践を通して〜 

 

HOME | 財団概要 | 道徳教育 | 生涯学習 | 表現教育 | 国際交流 | 研究助成
© Copyright 2004 公益財団法人 上廣倫理財団 All Right Reserved.